このページではJavaScriptを使用しています。

防犯機器のことならOESへお任せください!

株式会社OES 【防犯機器のエキスパート!】

(検索)🏠ホーム防犯用語辞典→終端抵抗

終端抵抗とは

BNC型終端抵抗器

データ信号などケーブル終端側で起きる反射を回避するための抵抗または抵抗器のこと

(英):Terminator(ターミネーター)またはTermination(ターミネーション)

【電気信号と反射】

ケーブルを伝わる電気信号を"波形"に置き換えて考えた場合、終端側へ進むにつれ抵抗値が変わると先に進んだ波形は徐々に形が変化してしまいます。 変化した波形はやがて終端側で一部反射して波形自体を崩してしまい、本来の伝送力を発揮できない状態に陥ってしまいます

この反射を回避するためケーブル末端側に抵抗器を装着して不要なエネルギーを消費させる終端抵抗(ターミネーター)を装着させる方法があります


【特定インピーダンス】

ケーブルなど導体を流れる電気の量は電線自体の太さ/間隔/絶縁体の誘電率で決まります。しかしケーブル自体わずかに抵抗があるためケーブルが長いほど抵抗値(インピーダンス)が上昇し、電気波形が変化・反射します。 上記の終端抵抗の対策だけでなくケーブル自体も同じ抵抗値に設計する必要があります。ケーブルの芯線とシールド線間の抵抗値を理論上"同じ"にすると全体的なバランスを図るができます。 これを特定インピーダンスといい、ケーブルの長さに関係なく終端反射を防ぎ理想的な波形を保ちながら伝送することが可能です


【代表的なケーブルとインピーダンス値】

・同軸ケーブル➝50Ω(通信/測定/高周波機器)、75Ω(映像信号)

・ツイストペアケーブル➝100~120Ω(イーサネットLAN/USBなど)

・平衡ケーブル➝90/100/110Ω(音響/音声)

ケーブルだけではなく回路なども全てインピーダンス値があり、抵抗を整合しながら設計します。これをインピーダンス整合(またはインピーダンスマッチング)といいます


【関連項目】RCA端子/プラグとは

【検索画面】に戻る

(インピーダンスをざっくり言うと)

インピーダンス不整合の状態(イメージ)

←師匠が"電気は水に例えやすい"と言ってました

イラストにしてみた(^_^;)

同軸ケーブルとLANケーブル(詳細)

どこで切っても同じ抵抗値

こりゃ千歳飴~!

インピーダンス不整合のカメラ映像(結果)

←さてお決まりのカメラ実験

不整合が起きるとど~なる?

信じる信じない?あなた次第!

防犯カメラ映像配信中
上へ移動