このページではJavaScriptを使用しています。

防犯機器のことならOESへお任せください!

株式会社OES 【防犯機器のエキスパート!】

(検索)🏠ホーム防犯用語辞典→警備制御装置

【警備制御装置とは】

警備センサー制御装置

各防犯センサーを統括する中央制御装置

一括警戒・部分的警戒機能が搭載されるほか、異常時における警報出力や指定通報など警戒に必要な機能を備えています

【センサーの基本概要】

センサーとは自然環境や人工物起こった様々な変化を物理・科学の法則を使って人間に読み取りやすい信号に変換する装置です。種類は数多く物体検知をはじめ明暗/温度/音/磁気/熱/振動/速度/圧力検知など様々です

その中で防犯や侵入検知を目的としたセンサーを防犯センサーと呼び警備システム構築に利用されています。しかしセンサー自体はあくまで受動体(受け身動作)であり、特定の変化以外のことを判別することは出来ません。 そこで制御装置を使用し警戒条件・範囲・時間・異常時における動作など適切な防犯運用を行います


【警備制御装置の主な機能】

1、警戒セット/リセット機能:各センサー検知時における警報のON/OFFが可能。動作には暗証番号や特殊カード(キー)方式が用いられ、容易に操作できない仕組みになっています。外部タイマーを組み合わせて自動セット/リセットすることも可能です。

2、一括/部分警戒機能:設置された各センサーゾーンを一括警戒します。また部分的ゾーンのみを警戒することができ、防犯運用を柔軟にします。

3、警報出力機能:警戒中における防犯センサー検知時には制御器本体または外部警報装置へ警報音を出力します。また火災など非常事態のケースでは警戒セット/リセットに関わらず警報音を出力します。

4、外部通報機能:警戒中における防犯センサー検知時には制御機から指定番号へ通報やEメールでメッセージを送信します(通報は電話回線/インターネットを利用)。なお電話回線では、いち早く通報するため"割り込み"機能が標準搭載されます。

5、事象履歴:制御器本体における全ての操作を、履歴としてデータを残すことが出来ます。機器の運用状況や不審な操作を割り出すことが可能です。

6、バックアップ動作:制御器内部に予備バッテリーを搭載。万一の停電(瞬停)に備え、暫くの間は本体が動作ができるようになっています。

7、ループチェック機能:警戒セット中にセンサーの故障/破壊/断線が起きると、制御機が異常とみなし警報を出力します。なお警戒リセット中に上記の条件が起きると、問題が復旧されるまで警戒が出来ない仕組みになっています。

8、タンパー出力:制御器本体へ無理なこじ開けや破壊行為を行うと、内部のタンパ―スイッチが働き即座に警報を出力します。


【関連項目①】アコースティックガラスセンサーとは

【関連項目②】ガス検知器とは

【関連項目③】金庫センサーとは

【検索画面】に戻る

(セキュリティコントローラーの動作概要)

警戒解除中動作(動作イメージ)

←制御器の働きをイラストにまとめました

まずは警戒解除中の動作(゜-゜)

警戒中動作(動作イメージ)

←警戒中の動作です。なお火災など人命に関わるときは即警報を出力します

防犯カメラ映像配信中
上へ移動