このページではJavaScriptを使用しています。

防犯機器のことならOESへお任せください!

株式会社OES 【防犯機器のエキスパート!】

(検索)🏠ホーム防犯用語辞典→アコースティックガラスセンサー

【アコースティック・ガラスセンサーとは】

ガラス破壊音検知器

正式名称:ガラス破壊音検知器。ガラスが破壊されたときに発生する衝撃音を検知します

ガラスが破壊されるときに発生する約15~50KHz帯域の周波数を含んだ音波を検出することから”アコースティックガラスセンサー”とも呼ばれます

【動作原理と構成】

ガラスが大きく破壊されるときに発生する250Hz~100KHz範囲の周波数を含んだ音のうち、約15~50KHz帯域の音を検知しています(※製造元により多少異なる) この仕組みはセンサー内部に小型超音波マイクを2つ内蔵しており、各々が別回路で音圧レベルと発生時間を計算して動作/誤動作低減の工夫が施されています


【センサーの長所】

ガラス破壊を検知するセンサーには、振動を検知する"ガラス破壊検知器"もございますが有線式の場合、窓やドア開閉部を考慮しケーブル可動部分の補強や美観に工夫しなければなりません。 また検知範囲も約2mと限界があり大きなガラス面の場合、等間隔で設置する必要があり手間がかかります。 しかしアコースティックセンサーは非接触型の直接ガラス面に設置することはありません。検知範囲もおよそ5~6mと広く検知するため効率良く設置可能です。短所はガラス破壊検知器より高額です


【取付方法と動作環境】

ガラスの窓/ドア付近の天井や壁に取付します。次に"感度調整ボリューム"にて検知範囲の調整を行います(ボリュームを上げすぎると誤作動原因となる)

※注意点:ガラス破壊音と似た周波数は多くあり、次の環境下ではセンサーの使用を避けた方が良いでしょう。

・交通量の多い道路に面している場所

・センサー設置付近に水槽ポンプがある場所(気泡から近似の周波数)

・金属同士の摩擦音が発生する場所など


センサーの性能は日々向上しておりますが、環境により向き・不向きがあり施工技術や経験が問われるところです


【関連項目①】警備制御装置とは

【関連項目②】ガス検知器とは

【関連項目③】金庫センサーとは

【検索画面】に戻る

(ガラス破壊音検知器の特徴!!)

ガラス破壊センサー設置状況(設置例)

←これは親戚にあたる"ガラス破壊検知器"です。丸い部分が本体でガラス面に接着し破壊時の振動を検知します

施工が難しい場合"ワイヤレスタイプ"も存在しますが、価格は上がります

ガラス破壊音センサー設置状況(拡大)

←弊社に設置しているアコースティックガラスセンサー

古いですがまだまだ現役(*^_^*)

今回アシスタント君協力のもと"どういう条件で誤作動"するかイロイロ検証してみました。

アコースティックガラスセンサー検証結果①(拡大)

←まずキーホルダーについたカギをジャラジャラ~

するとセンサーが反応!

ガラスが割れたときの周波数に近いために起きるものと考えられます

アコースティックガラスセンサー検証結果②(拡大)

←次にガラスを引っ叩いてみます(※あまり強く叩くと本当に割れます)

するとセンサーが反応!

ガラスが割れたときの周波数に近いために起きるものと考えられます

アコースティックガラスセンサー検証結果③(拡大)

←思い付きで金属同士を擦りつけ~

これにはかなり接近しないと反応しませんでした・・・。途中アシスタント君が手を滑らせ金属体を落下するとセンサー反応!(~_~;)

ガラスが割れたときの周波数に近いために起きるものと考えられます

防犯カメラ映像配信中
上へ移動